記事

2014.02.13

ネタばれ

ネタばれについて書こうか

※何かのネタばれをするわけではないのでご安心を

物語の続きであったりあのキャラが実はああだった、というネタばれはあちこちで嫌われている

画像を1枚貼られただけで「続き読む気なくなった。ネタばれ○ね。」と書かれる

そんな嫌われ者のネタばれだが自分はネタばれを好む方だ

小学生の頃、人気小説の謎人物の正体をネタばれさせて!という友人の頼みを聞いたのが始まりだろうか

その正体はとても意外だった

どう話が進めばそうなるのか、また正体がわかった後どう話が進むのかが気になり最終巻まで読んでしまった

今でも漫画やドラマでも先の展開がわからない良い場面で終わる話がよくある

それがアニメやドラマなら1週間、月刊誌なら1ヶ月、単行本のみなら数ヶ月先の話がわからない

・とても待ちきれない、この気分が高まっている今の状態で続きが知りたい

・大まかなあらすじだけ知れればいいや

そんなときに役立つのがネタばれ

ネタばれは検索すればすぐに出てくる

それを読めば続きが知りたいという衝動はとりあえず治まる

どんな描かれ方になるのか、ネタばれに書かれていない部分はどうなったのかとあれこれ妄想しながら次の発売日や放送日を待てるようになるのだ

続きを知って満足し次を読む気にならなかったらそれはそれで良し

好きな作品でない限り大体後者で半分以上ネタばれで済ました作品も珍しくない

それでも続きが知りたい!という欲求を即座に解消してくれるネタばれは便利

ちなみに巧みな釣りばれは好きではないSSスレでやれ

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«2月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

カテゴリーリスト

ブログ内検索

フィード

ご挨拶

管理人:石ころ

一言:今度こそ続けたい

当サイトは"VIPでテキストサイト~"スレを見てつくられたものです

検索

モバイルサイト

ページの先頭へ